数学, 最小二乗法

最小二乗法とは

点の集合を関数 \(f\) で近似的に表現するにあたり,差の二乗和(後で説明する)が最も小さくなるように関数 \(f\) 内のパラメータを調整する方法。要するに下図のような感じ。

よくある誤解

たくさん ...