.NET Core, .NET Framework, C#, ポインタ

C#のコードを書いていると、C/C++を書いているときと違って値渡しと参照渡しの意識が曖昧になるときがある。

これではいかん。ちょっと整理しておこう。

メソッドの引数に渡すものの種類によって値渡しと参照渡しは決 ...

.NET Core, .NET Framework, C#

C#には共用体を書くための文法が用意されていないけど、ちょっと工夫すれば共用体とまったく同じ性質のものがつくれる。

例えば、次のような共用体が必要になったとしよう。

この共用体では、符号なし32ビット整数と、4 ...

.NET Core, .NET Framework, C#, RPA, Windows, Windows API, 働き方改革, 業務効率化, 自動化

C#でWindows APIを叩いてマウスとキーボードの操作を検出する方法を紹介する。

これができたら、アプリのウィンドウ内の操作に限らず、別アプリやデスクトップ上のマウス/キーボード操作を検出したり、履歴として残しておい ...

.NET Core, .NET Framework, Windows, WPF

答えから述べると、Windowというコントロールを回転させる方法は無い。

しかし、ウィンドウのような見た目のコントロールを自作し、それを回転させることで目的は満足できる。

例えば、次のようなつくりが考えられる。 ...

.NET Core, .NET Framework, C#, Windows API, 働き方改革, 業務効率化, 自動化

C#からWindows APIを叩いてキーボードの入力をエミュレートする方法を紹介する。

使うAPIは、SendInputだけ。

マウスポインタを移動させる方法を紹介する記事で説明したようにビルドの警告を回避す ...

.NET Core, .NET Framework, RPA, Windows, WPF, オフラインツール, ツール, 働き方改革, 業務効率化, 自動化

kusa-mochi-autoとは

Windowsのパソコンのマウスとキーボードの操作を自動化するフリーツール。(2020年4月30日現在、アルファ版)

このブログの執筆者であるもちが日頃の無益な作業をオープンソースで何とか ...

.NET Core, .NET Framework, C#, Windows API, 働き方改革, 業務効率化, 自動化

C#からWindows APIを叩いてマウスホイールの上/下回転の動作をさせる方法を紹介する。

使うAPIは、GetCursorPosとSendInputの2つ。

マウスポインタを移動させる方法を紹介する記事で ...

.NET Core, .NET Framework, C#, Windows 10, Windows API, 働き方改革, 自動化

Windows APIを使うと、マウスとキーボードの操作などをプログラムから行える。

Windows APIは、Windowsが標準搭載しているもので、これを使用すると種々のプログラムからWindowsの様々な機能を利用で ...