Visual Studioのデバッグ終了に時間がかかる問題の対処法

Visual Studio

Visual Studio 2015でWPFアプリのデバッグを終了するときに、デバッグがなかなか終了せず、たまにWindowsからVisual Studioが「反応がない」と見なされてVisual Studioの画面全体が白くなることがある。

しばらく根気強く待っていれば1分しないくらいでデバッグは終了してくれるけれど、割と頻繁になるので困っていた。

次の対策をしたら直ったのでメモ。

  • Visual Studioを閉じる。
  • Windowsのエクスプローラを開き、問題のソリューションファイル(*.sln)のあるフォルダに移動する。
  • このフォルダ内にある.vsフォルダ(Visual Studioの一時データ)を削除する。.vsフォルダは隠しファイル扱いのため、エクスプローラの設定から隠しファイルを表示するようにしておく必要がある。
  • Visual Studioを開き、デバッグ開始とデバッグ終了を何度か試してみて問題なければOK。