新生児が泣いたときの親の行動フロー(もち家の場合)

振り返ってみると、だいたいこんな感じになっていたかも。最後まで行ったら、また最初に戻る。

生まれてから1週間くらいは、「抱っこして~!」という泣きがなかったので、フローはこれよりもっと単純だった。

首が座ったり、自分であちこち動き回るようになったり、主張をするようになってきたら、こういう定型フローではなくてDevOps化していきそう。

きっと、親もまた子どもと共に進化していくのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です