e-Taxで確定申告する方法(平凡なサラリーマンの一例)

もくじ

  1. e-Tax?
  2. この記事で想定するケース
  3. 用意するもの
  4. 手順
    1. 準備
    2. 所得控除の申告
    3. 生命保険料控除の申告
    4. 締め

e-Tax?

ネットから納税するために国税庁が用意した仕組み。

PCから、スマホから、手軽に確定申告ができる!というのが売りらしいけれど、筆者は実際に触ってみて全然そんな風に思わなかったので、この機会に自分がやった方法を以下メモに残しておく。

この記事で想定するケース

会社に勤める普通のサラリーマンが、年末調整せずに個人でPCを使ってe-Taxから確定申告するケースを想定している。

具体的には、所得控除、生命保険料控除、寄付金控除(ふるさと納税とか)をe-Taxから申告する場合を考えている。

自営業、介護をしている場合などは想定していないのでこの記事を読んでいる人は注意して欲しい。

用意するもの

  • 自分(申告する人)のマイナンバーカード
    • マイナンバーカードをつくるのに「マイナンバー通知カード」が必要。つくる申請をしてから手元に届くまで3週間くらいかかるので注意。
    • マイナンバーカードに設定した色々な暗証番号。4種類あったはず。
  • マイナンバーカード対応のICカードリーダー。
  • 昨年1~12月のすべての職場で発行した源泉徴収票。
  • 生命保険料控除証明書
    • 確定申告や年末調整の時期が近づくと、各生命保険会社から自宅に郵送されてくる。
    • 年末調整で提出済の場合は不要。
  • Windows PC
  • Internet Explorer 11
    • e-Taxの推奨環境とされている。
  • 還付金振込先の口座
    • 自分名義のもの
    • 支店名、口座番号が必要

手順

ここ大事↓

作業順に簡単な説明文とかキャプチャ画像を示していく。キャプチャ画像の中の赤枠で示したところをクリックなり入力なりしていけば基本できる、と思う。

では始めよう。

準備

Internet Explorer 11で、e-Taxのホームページ(http://www.e-tax.nta.go.jp/)を開き、「個人で電子申告をするには」ボタンをクリックする。

「確定申告書を作成する」ボタンをクリックする。

「作成開始」ボタンをクリックする。

「e-Taxで提出する」ボタンをクリックする。

次の画面のように「事前準備セットアップが行われていません」というメッセージが表示されておらず、「最新の事前準備セットアップが正常に適用されています。」が表示されている場合は、所得税の申告まで手順を飛ばしてOK。

「平成30年分事前準備セットアップ」ボタンをクリックして、セットアップ用プログラムをダウンロードする。ダウンロードできたら実行する。

普通の人は通知とかいらないはずなので、「いいえ」でOK。いらないでしょ、通知。

e-TaxはInternet Explorer が推奨環境なので、よほどの事情がない限りは「はい、Internet Explorerで表示します(推奨)」を選んでおく。

所得控除の申告

ここでICカードリーダーをPCに接続し、マイナンバーカードをICカードリーダーに差し込もう。初めてICカードリーダーをPCに接続した場合は、差し込んですぐはPCがカードリーダーを認識できないので、1分くらい待ってみるのがオススメ。

んで、「マイナンバーカードの読み取り」をクリックする。

「利用者証明用パスワード」とは、「利用者証明用電子証明書暗証番号」のこと。自分で設定してお役所に渡した数字4桁の番号があるはず。

はい、ここでもマイナンバーカードを使います。カードリーダーをPCに接続し、マイナンバーカードをカードリーダーに差し込んでからボタンを押そう。

自分の住まいの管轄のお役所(税務署とか)が提出先になっているか確認する。

なんか長いけど、OK

「保存」ボタンを押すと、表示しているページをHTML形式で保存できる。一応保存しておこう。保存したら「送信」を押す。

「保存」を押して、利用者識別番号を保存しておこう。保存したら「次へ」を押す。

やっと、お役所に行った状況と同じになった。長かった。

普通の働き盛りのサラリーマンはこんな感じ。

昨年の1~12月の職場が1つだけの場合は「1か所のみ」にチェック。2つ以上の場合は「2か所以上」にチェック。

年末調整済の人は、「年末調整済みである」にチェック。まだの人は「年末調整を行っていない」にチェック。

生命保険料控除の申告

会社の年末調整で申告済の場合、この控除の申告は不要。

申告する場合、「生命保険料控除」の右側の「入力する」をクリックする。

ちなみに、手順までは示さないけれど、昨年ふるさと納税をした人は、「寄付金控除」の右側の「入力する」から、寄付金額などの入力をしていくと、いっぱいお金が戻ってくるよ!

締め

確定申告のクライマックス!

マイナンバーカードはICカードリーダーから抜いても全然OK。

再び、カードをカードリーダーに差し込んでから、「次へ」を押す。

ぶっちゃけ、黒塗りしたところは読まなくてもOK。

カードを挿してから(略

ぜひ、みんなでアンケートに回答して来年からもっとサイトを使いやすくしてもらおう!

おつかれさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です