ふるさと納税は本当にお得だったのか

ふるさと納税, ワンストップ特例制度, 住民税, 所得控除, 確定申告

確定申告の時期も終わり、ふるさと納税が本当にお得だったのか気になり、計算してみた。

確定申告で行った所得控除の計算結果から導き出された結果は、

2018年の間に64,000円をふるさと納税に寄付していたけれど、これによって戻ってきた分のお金は12,400円

というものだった。

あれ、62,000円戻ってくるんでないの?

と思い、ちょっと調べてみるとどうやら次のような事情によるらしい。

  • 確定申告で寄付金控除の申告をした場合は、所得控除住民税の減額がされて、最終的に2,000円だけ負担したことになる。
  • 寄付した先の自治体のワンストップ特例制度を活用した場合は、住民税の減額のみにより、最終的に2,000円だけ負担したことになる。

私の場合、確定申告で寄付金控除を申告していたため、所得控除と住民税の減額双方が行われるのだ。

双方どのくらいの割合なのかはともかく、ちゃんとお金が戻ってくるのかが気になり、自分の住んでいる自治体のサイト情報を参考に、自分の今年の住民税を計算してみた。

そしたら、ちゃんと残りの金額分は今年の住民税の減額としてリターンがあるという結果が出たので一安心。

今年の毎月支払う住民税は少しお得になっているはず。今度チェックしてみよう。

所得控除と住民税減額の割合がどのくらいなのかは、ちょっと調べ物が面倒そうだったのであまり踏み込んでいない。要は、お金が戻ってくればよいのだ。