画像半蔵

もくじ

「画像半蔵」とは

画像をただ半透明で表示するだけのソフト。

表示した画像を別のウィンドウの上に重ねて比較やトレーシングなどの作業が行える。

主な機能

  • スライダーによる透明度の調節。
  • ドラッグによる画像の移動。
  • ドラッグまたは数値入力による表示サイズの調節。
  • カーソルキー(↑→↓←)による画像の移動(微調整)。
  • 画像サイズ変更時の縦横比固定。
  • 常に最前面に表示する/しない。
  • 画像を最前面に表示したまま背後のウィンドウをマウス操作できる。

必要な環境

  • Windows 10 64bit/32bit
  • .NET Framework 4.5以上
  • ストレージの空き5MB以上

ダウンロード

以前のバージョンが使いたい方はこちら

使い方

インストール

ダウンロードしたMSIファイル(インストーラ)をダブルクリックして表示されるウィザードに従い、インストールする。

プログラムの起動

デスクトップに設置したショートカットまたは、スタートメニューから「画像半蔵」を起動する。

メイン画面

  • 画像を半透明で表示する方法(次のいずれか)
    • 半透明の領域を右クリック → 「画像を開く」 → 画像を選択して「開く」
    • 表示したい画像ファイルを半透明の領域にドラッグ&ドロップ
  • 半透明の領域を移動させる方法
    • 半透明の領域をドラッグする。
  • 半透明の領域を細かく移動させる方法
    • カーソルキー(↑→↓←)で細かく移動できる。
  • 半透明の領域のサイズを変更する方法
    • 半透明の領域のふちにマウスポインタを合わせ,ポインタがサイズ変更の見た目に変化したらドラッグでサイズ変更できる。
  • 画像を閉じる方法
    • 半透明の領域を右クリック → 「閉じる」
       ※プログラムはタスクトレイに常駐し続けます。プログラムを終了する場合は下記の「プログラムの終了」を参照してください。
画像を半透明で表示した例

設定画面

この画面で行った操作は即メイン画面に反映される。

設定項目など説明
画像を常に最前面に表示する。チェックを入れると,半透明の領域が常に他のウィンドウよりも上に表示されるようになる。
マウス操作を透過する。「画像を常に最前面に表示する」にチェックが入っている場合にのみチェックを入れられる。
チェックを入れると,半透明の領域越しに背後のウィンドウやデスクトップをマウスで操作できるようになる。
画像の縦横比を維持する。チェックを入れると,半透明の領域のサイズ変更時に縦横比が維持されるようになる。
半透明の領域の高さを数値で指定できる。
半透明の領域の幅を数値で指定できる。
不透明度半透明の領域の不透明度を数値入力またはスライダーで指定できる。
0に近いほど透明で,1に近いほど不透明になる。
閉じるクリックすると,設定画面が閉じられる。

プログラムの終了

タスクトレイの画像半蔵アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「終了」を選択するとプログラムが終了できる。

半透明画像を閉じただけでは終了せずタスクトレイに常駐しているので、完全に終了させたい場合はこのようにタスクトレイから行う必要があるので注意。

アンインストール

Windows 10の通常の手順(「アプリと機能」など)でアンインストールできる。

更新履歴

バージョンリリース年月日更新内容
1.8.02020/5/4インストーラを作成。
アプリがタスクトレイに常駐するようにした。
1.7.12019/11/3設定画面の一部文言を修正。
read meファイルの形式を変更。
1.72019/11/2設定画面にチェックボックス「マウス操作を透過する。」を追加。
チェックを入れることで,画像を半透明で表示しながら背後のウィンドウのマウス操作が行えるようになる。
1.62018/9/16ファイルのドラッグ&ドロップで画像を表示する機能を追加。
1.52018/6/3画像の縦横比を維持する設定が反映されない不具合を修正。
1.42017/1/28アプリケーションの英語対応。(read meファイルは未対応)
read meファイルにソースコードの参照先情報を追加。
漏れていたファイルを追加。
1.32017/1/25設定画面の表示崩れを修正。
1.22017/1/24 画像を常に最前面に表示する設定を追加。既定で常に最前面に表示するように変更。
不透明度を0にした場合に画像のクリックイベントが発生しない不具合を修正。(不透明度の最小値を0.002に変更)
設定画面が複数開けてしまう不具合を修正。
設定画面のレイアウトを調整。
1.12017/1/19 64/32bit両対応
設定画面で「不透明度」の数値が表示崩れを起こす不具合を修正。
設定画面に最小化ボタンを追加。
1.02017/1/15新規作成。

「画像半蔵」への12件のフィードバック

    • コメントありがとうございます!
      今後ともご活用いただけますと幸いです。

      返信
  1. 初めまして、タチバナと申します。
    画像半蔵、とても重宝しております、ありがとうございます。

    外で作業することが多いのですが、
    こちらのアプリをwindows タブレット、windows10で使用するときに、
    bluetoothが機能しなくなります。
    キーボードとインターネットをbluetoothで使用しているので、
    私にとっては致命的です。

    画像半蔵のアプリを起動しないときは、このバグは発生しません。
    内臓のbluetoothは、Marvel AVASTAR Bluetooth Adapterになります。

    Bluetoothのドライバーと衝突するような事はあるのでしょうか。
    こちらのバグが改善されれば大変ありがたいです。
    何卒よろしくお願い申し上げます。

    返信
    • コメントいただきありがとうございます。
      画像半蔵はBluetoothドライバーと衝突する設計にはなっておりませんが、念の為以下の環境で確認しましたところ画像半蔵使用中でもキーボードが問題なく使用できました。

      PC側環境
      ・Windows 10 Pro 64bit
      ・Intel ワイヤレス Bluetooth

      ワイヤレスキーボード
      ・型番BK3001

      タチバナ様が遭われた現象の原因までは何ともいえませんが、Bluetoothドライバ固有またはキーボード固有の現象である可能性はあると思います。
      お力になれず申し訳ございません。
      よろしくお願いいたします。

      返信
  2. ver1.8.0使用時 特定のファイルを開くと必ず1.33倍で開かれるバグ(?)の報告
    .pngのスクショを1700×900(元は2画面分の3840×2160)に編集して保存する習慣があるのだがそれら全てが該当
    適当に1700×900のjpgとpng形式画像を拾ってきてopenしたところjpgの方が拡大されたのでjpg/pngやスクショであることは関係ナシ?
    一辺1000を超えない画像では起こりにくい気がするが
    リサイズしたスクショでも1445×860と1432×849では前者でのみ拡大が発生したり
    PCゲームのフルスクリーンスクショ(1920×1080jpg)5、6枚を試すも拡大は発生しなかったりなので一概にサイズの大小ではない模様

    返信
    • 詳細なご報告ありがとうございます。とても助かります。
      まずはこちらで再現性から調べていきます。
      よろしくお願いします。

      返信
  3. こんにちは。
    画像を最前面に表示できるソフトを探して、こちらに辿り着きました。
    手軽なI/F、サイズ変更や透過も自由、多重起動可など、まさしく求めていたソフトで、重宝させて頂いております。

    もし可能でしたら、読み込んだ画像を回転できると大変ありがたいです。
    簡単にできるものではないと思いますが、宜しければ一考頂けますと幸いです。

    返信
    • ご利用いただけていることをたいへん嬉しく思います。
      リクエストありがとうございます。
      取り入れる機能の候補とさせていただき、検討いたします。
      不定期ではありますが、アップデートしました際にはこちらのページに掲載いたします。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      返信
  4. いつも重宝させて頂いております。
    起動中の画像半蔵を右下のタスクトレイに格納する機能があったら嬉しいです。
    可能でしたらご一考お願いします。

    返信
    • ご提案いただきましてありがとうございます。
      ご活用いただいているとのことで、とても嬉しく思います。
      タスクトレイに格納する機能につきまして、今後のアップデート候補に盛り込み、アップデートした際にはこのページに掲載いたします。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      返信
    • アップデートしました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      返信
      • アップデートありがとうございます!
        タスクバーの領域に余裕がなかったので大変助かりました。
        こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

        返信

コメントする