マウスとキーボードの操作を自動化しよう

.NET Core, .NET Framework, RPA, Windows, WPF, オフラインツール, ツール, 働き方改革, 業務効率化, 自動化

kusa-mochi-autoとは

Windowsのパソコンのマウスとキーボードの操作を自動化するフリーツール。(2020年4月30日現在、アルファ版)

このブログの執筆者であるもちが日頃の無益な作業をオープンソースで何とかしたくてつくったもの。

ユーザーのマウスとキーボードの操作を細かく記憶し、再現することができる。

次のリンクからダウンロードできる。

インストール方法

Windows 10 64bitのPC上で動作する。

kusa-mochi-autoのインストーラは特にないので、ダウンロードしたZIPファイルは好きな場所に展開したらOK。

だいたいこんな使い方をする。

  1. kusa-mochi-auto.exeをダブルクリックしてツールを起動する。
  2. 自動的に行わせたいマウス操作やキーボード操作を自分で一度だけ行う。
  3. 行った操作をファイルに保存する。
  4. 保存したファイルをツールで開くと、先ほど行った操作がそっくりそのまま自動で行われる。

主な使い方

ツールを起動すると、こんな画面が出る。

Recボタンを押した瞬間から、マウスとキーボードの操作の記録が始まる。

ちなみに画面はこうなっている。

一通りマウスとキーボードの所望の操作をしたら、Stopボタンを押そう。

ファイル保存画面が表示されるので、適当に名前を付けて記録したものをファイルとして保存しよう。

次に、Openボタンを押して、先ほど保存したファイルを開いてみよう。

先ほどあなたが行ったマウス・キーボード操作が自動で行われるはずだ。

ドラッグ&ドロップで使う方法

Rec機能で作成したファイルは、Openボタンで開くと中身を読み込んで自動操作が始まるが、ファイルを読み込む方法はこれだけではない。

kusa-mochi-auto.exeファイルに、記録したファイルを直接ドラッグ&ドロップしても自動操作が開始できる。

自動化する操作のカスタマイズ(上級者向け)

Rec機能で記録したファイルの正体はC#(C#8.0)のソースコードである。

Visual Studio Codeなどのエディタで開くと中身が確認できる。

C#なので、forやwhileなどの文法が利用できる。

自動操作の途中でメッセージボックスが表示したければMessageBox.Showメソッドも利用できる。

詳しくは、次のリンク先のREADMEを参照すること。

https://github.com/kusa-mochi/kusa-mochi-auto

ソースコード、ライセンス情報

kusa-mochi-autoのソースコードとライセンス情報はGitHubで公開している。

要望する機能やバグ報告などは、次のGitHubプロジェクトのIssueに登録するといいかも。気が向いたら対応します。

https://github.com/kusa-mochi/kusa-mochi-auto