ブログ投稿用にメディアファイルの一括リネーム・リサイズ・EXIF削除を行うスクリプトをつくってみた

Bash, Debian, EXIF, ImageMagick, Linux, Raspberry Pi, Ubuntu, オフラインツール, シェルスクリプト, ツール

画像を何枚か載せるブログを投稿する際、画像ファイルの名前を一つ一つ固有の名前にしたりEXIF情報を削除したりなどの作業が地味に面倒なので、自動化するスクリプトをつくってみた。→スクリプトはこちら

スクリプトの実行にはDebian、Ubuntu、Raspberry Pi OSなどが有するBash環境と、ImageMagickへのパスが必要。

このスクリプトは次の作業を一括でやってくれる。

  • 複数の画像・動画ファイルの一括リネーム
    • 元のファイルはそのまま残しておき、別フォルダにリネーム済のファイルを保存する。
  • 複数の画像ファイルの一括EXIF情報削除
  • 複数の画像ファイルの一括リサイズ
    • 一定のピクセルサイズに収まるようにリサイズする。

例えばこんな感じで使う。

次のように、ブログに使いたい画像ファイルや動画ファイルが「photos」フォルダにまとめられているとする。

画像ファイルには、次のようにEXIF情報が書き込まれており、サイズも大きすぎるので、このままブログに投稿するのは避けたい。

スクリプトファイル「rename_files.sh」を好きな場所に置いて、画像・動画ファイルがあるフォルダパスを引数にして実行する。

こんな感じ↓

指定されたフォルダパス直下のファイルのみが処理対象なので注意。(再帰的なフォルダ探索はしない仕様)

スクリプトを実行すると、次のように処理の経過と処理結果が表示される。

photosフォルダの中には「renamed」フォルダが作られている。

renamedフォルダの中には、リネーム・リサイズ・EXIF削除された画像ファイルと、リネームされた動画ファイルが保存されている。

画像ファイルからはEXIF情報が消えている。サイズも小さくなっており、ブログに投稿できるようになった。