Shotcut 20のタイムライン操作で頻繁にクラッシュする問題を解消した話

AppImage, apt, Shotcut, Ubuntu, 動画編集

Ubuntu 20.04でShotcutを使って動画編集しようと思った。

aptでインストールして使い始めたら出だしはいい感じかなと思ったけど、

動画をタイムラインに追加しようとすると毎回Shotcutがクラッシュしてしまい、お話にならなかった。

ここで、aptでインストールしたソフトウェアは最新版でないことが多い、ということを思い出し

まずは手元のaptでインストールした版のバージョンを見てみた。

バージョン20だった。

次にShotcutの公式サイトで確認したら、最新版はバージョン21だった。(2021/6/19現在)

最新版に入れ直したら直るかな?

と思い、apt removeを使って一旦Shotcutを削除し、

公式サイトからAppImage(GitHub)をダウンロードして使い始めてみた。

AppImageファイルを実行する上では事前に

AppImageファイルを右クリック→プロパティ→アクセス権→「プログラムとして実行可能」にチェック

という操作が必要な点に注意。

すると、先ほどクラッシュした操作でクラッシュしなくなった

普通に使えるようになった。

めでたしめでたし。

注意:結局、クラッシュの原因がShotcutのバージョンによるものなのか、aptからインストールしたことによるものなのかは区別がついていないけど、今回は結果オーライということにしている。